アルガンオイルにデメリットはある?効果と正しく使う方法をご紹介!

こんにちは~。
先週末はどしゃぶりの雨で、通勤中靴が濡れたりして大変でした(;’∀’)
今週も天気が悪いみたいですが、また大雨は勘弁してほしいところです。

ところで今、私が気になっているものがあるんです。
それはアルガンオイルという美容オイル。

万能の美容オイルといわれるほど美容・健康に効果的なオイルだと注目されていて美意識の高い女性達の間で話題になっているみたいなのですが、実はメリットばかりではないのだとか。

そこで今日は、アルガンオイルのデメリットと、正しく使う方法についてご紹介します。

f:id:kaho-wa-nete-matsu:20210706101648j:plain

【目次】

アルガンオイルはどんな美容オイル?

アルガンオイルの「アルガン」とは、アフリカのサハラ砂漠の北西部に位置するモロッコにのみ生息するアルガンツリーのこと。

アルガンツリーは、降らないときは何年も雨が降らないような厳しい環境で育ち、地元の人からは「生命の樹」と呼ばれ親しまれているのだとか。

そんな希少なアルガンツリーから採取されたアルガンオイルには、美容健康にうれしい成分がたくさん含まれています。

老化防止のビタミンが豊富

アルガンオイルには、別名「若返りのビタミン」として有名なビタミンEが豊富に含まれています。
強い抗酸化作用を持つビタミンEは、体内の脂質の酸化を防ぐ効果があることでも知られていますが、肌に使えば紫外線による肌ダメージを防ぎ、シミやそばかすなどの色素沈着を予防する効果があるのだとか(*'ω'*)

また、ビタミンEは、お肌の正常なターンオーバーを促しシミやシワといった老化を防いで若々しい美肌へと導く効果もあると言われいるので、アンチエイジングに効果的ですね!

オレイン酸リノール酸も豊富

アルガンオイルには、体の必須脂肪酸であるオレイン酸リノール酸がたくさん含まれています。

これらの必須脂肪酸は不足すると体や肌の調子が乱れてしまいますが、体内で作ることができず、体外から摂取する必要があるのだとか。

アルガンオイルオレイン酸リノール酸を豊富に含んでいて、肌に塗ると体内に吸収してくれるそうです。

吸収したアルガンオイルの作用で、優れた保湿効果とハリのある美肌効果が期待できるみたいですよ(*'ω'*)

アルガンオイルのデメリットとは

ここまでアルガンオイルのメリットについてお話ししてきましたが、どうやら良いところばかりではなくデメリットも存在する模様。

具体的にどんなデメリットがあるのか調べてみました。

独特なにおいがある

美容オイルは大体そうですが、アルガンオイルにも特有の香りが存在します。
アーモンドとごま油のような香ばしいにおいが特徴ですが、人によってはこのにおいが苦手な人もいるようです。

においの好みは人それぞれですが、無理して使うと逆効果となってしまう場合もあるので、においに慣れないようならやめておいた方がよいでしょう。

大量につけるとニキビの原因になることも

アルガンオイルの1回の使用量は、2.3滴くらいの量が目安です。

でもアルガンオイルは肌への浸透率がよく肌にすっと馴染むのが特徴。
そのため、まだ保湿が足りないかもと思って足してしまい人もよくいるようです。
その結果肌が油過多になり、ニキビができてしまうケースが多いようなので注意しましょう。

保存方法が悪いと劣化する

アルガンオイルに限らずどの美容オイルでもそうですが、直射日光が当たる場所で保管はNGです。
直射日光に当てるとオイルが酸化し劣化してしまうため、避けるようにしましょう。

スキンケアの工程が増える

洗顔後のスキンケアは、通常だと化粧水、美容液、乳液またはクリームといった手順で進むと思います。

中には、化粧水も美容液もクリームも1本で完結するオールインタイプで済ませる人もいるのではないでしょうか。

でも、アルガンオイルの場合は、アルガンオイルだけ塗ってスキンケア終了というわけにはいきません。

必ず美容液や化粧水と一緒に使わなければいけないため、スキンケアの工程が増えるのが嫌という人にはあまりおすすめできないでしょう。

 

希少なオイルのため、値段が高め

アルガンオイルは、貴重なアルガンツリーの実から抽出した天然オイルのため、他の美容オイルよりもどうしても購入費用が高くなってしまいます。

ただ、アルガンオイルの1回の使用量はわずか2,3滴でOKですので、そう考えると他の美容オイルと比べてそこまで高額ではないような気がしますね(‘ω’)

アルガンオイルのデメリットを防ぐコツ

ここではアルガンオイルのデメリットを防ぐ方法をご紹介します。
アルガンオイルを使ったお手入れをしてみたいという方はぜひチェックしてみてください(‘ω’)

アルガンオイルを初めて使う場合は手の甲などの目立たない部分で使用する

アルガンオイルは、使う人の肌質によっては少量でもダイレクトに肌につけるとニキビになってしまう場合もあります。
そのため、まずは手の甲など肌荒れしてもあまり目立たない場所で試してからつけることをおすすめします。

もしニキビができるなど肌質的に合わないという場合は、肌に直接つけずに化粧水と混ぜてから肌につけると肌荒れが起きにくくなるのでおすすめです。

アルガンオイルは信用できる販売店で純度100%の物を選ぶ

ネットで販売されているアルガンオイルの中には、純度100%と表記しておきながら実際は他のオイルと混ぜてかさましした詐欺オイルの場合もあるようです。

アルガンオイルは海外からの輸入品がほとんどであるため、中には正規のルート以外で輸入された物が混ざっていることがあります。
そこでアルガンオイルを購入する際は、必ず販売店のサイトで販売店が正規販売店であることを確認、口コミの評価が良いか確認するなど、品質が証明されているお店で購入するようにしましょう。

アルガンオイルの正規販売店はネットを探せば出てきます。
私のおすすめは質の高い天然オイルの販売で定評があるEURECA株式会社のアルガンオイルですね。

f:id:kaho-wa-nete-matsu:20210706101748p:plain

画像:EURECA株式会社公式サイト

税込価格6,380円と少々お高いですが、日本アルガンオイル協会の基準で作られた純度100%のオイルのため、品質の良さは折り紙付きです。 購入は、下記の2つのサイトからできるようです。

EURECA直販(おすすめ)

Amazon

単品で購入する場合はどちらでもいいですが、まとめ買いする場合はEURECA直販の方がお得に買えるみたいですね(*’ω’*)

アルガンオイルを正しく使って最強美肌を手に入れよう

今日はアルガンオイルについて、効果やデメリットなどをご紹介しました。
万能オイルといわれるアルガンオイルにもデメリットはありますが、どれも正しい知識を持っていれば問題ないものです。
むしろ使わないほうが損!というくらい美肌に良いものがたくさん含まれているので、乾燥肌やシミ・シワなどでお悩みの方は試してみる価値あるとおもいますよ♬

正しく使えば最強美肌になれるアルガンオイル、私も試してみたくなっちゃいました(^^♪