日本一の規模を誇る経営者団体!「パッションリーダーズ」とは?

ネクシィーズグループという会社を知っていますか?

私の知り合いが新卒でこの会社に入社したので名前は知っていたのですが、

この会社の代表である近藤太香巳という方がどうやらすごい人らしいです。

東証一部上場企業の代表を務める傍ら、パッションリーダーズという日本一の規模を誇る経営者団体代表理事も務めています。

実は私も以前ニッポンの社長というインタビューサイトでこの方の記事を読んだことがあったのですが、そこからとても熱い情熱を持った方だという印象を持っています。

今回は、近藤太香巳代表理事を務めるパッションリーダーズという経営団体について興味を持ったので調べてみたいと思います。

f:id:kaho-wa-nete-matsu:20210916145359j:plain

近藤太香巳」とはどんな人物なのか

近藤太香巳は株式会社ネクシィーズグループ代表取締役社長兼グループ代表を務めています。

この会社は彼が19歳の時に50万円を元手に起業。

その後卓越した企画力と営業力で会社を成長させ、34歳の時にナスダック・ジャパン(現ジャスタック)へ株式上場しました。

 

その後も37歳には当時最年少創業社長として東証一部に上場させるという偉業を果たしています。 10代で会社を設立するなんてすごいですよね。

自分が10代の頃は考えたことがなかったです…(*_*)

 

どうやら高校を中退されていて電話セールスの仕事をしていたこともあったのだとか。同期50人中46人が辞めてしまうほど厳しい世界で、

入社して半年で関西地区ナンバー1の営業マンになったという話もあります。

若い頃から物事に打ち込む時は並み以上の熱意を持って打ち込む方なんだと改めて感じました。

パッションリーダーズとは

パッションリーダーズセミナーやイベントを通してする異業種交流会のこと。

この異業種交流会で人脈形成やご縁を広げビジネスチャンスに繋げることができます。

 

パッションリーダーズは10年前の東日本大震災による被害で「世の中が悲しみに包まれている今だからこそ経営者が日本を元気にしたい」という想いから全国のビジネスリーダーや起業家たちによって発足されたのだとか。

2021年で設立10年が経ち、今や全国9拠点・会員数4,000人を超える日本一の経営者交流団体へと成長しています(^^)

《コンセプト》

パッションリーダーズは3つのコンセプトを掲げ活動に取り組まれています。

  1. 起業家の情熱が次世代のリーダーの情熱に火をつける
  2. 起業家にしか得られない、経験・体験・ノウハウを共有する 
  3. 起業家たちが成長・発展できる様々なステージを提供する

これらのコンセプトを基に各業界のトップを走るビジネスリーダーや起業家たちが交流を広げ、ノウハウを共有し成長し合う場を提供しています。

《主な活動》

パッションリーダーズの活動内容は主に4つのプログラムに分けられています。

f:id:kaho-wa-nete-matsu:20210916150339j:plain

(画像引用:パッションリーダーズHP)

 ①学びのプログラム

セミナーやビジネスマッチング会を通し経営力を磨いていくことができます。

「学ぶ」と「磨く」ためのコンテンツが盛り込まれているようで、例として セミナーでは一流経済人や著名人を講師として迎え入れ体験談を聞き学びを増やしていきます。

 

② 交流のプログラム

部会やリーダーズサロンで食事を共にし、語り合うことで経営者間の信頼関係を繋げていきます。

部会ではゴルフやグルメ、フットサルなどの部会があり名刺交換だけで築くことのできない信頼を築くことができます。

 

③ 起業支援のプログラム

起業に関する不安を経験豊富な講師陣たちが向き合い徹底的に指導してくれます。

これから起業を目指す向けの方に経営のノウハウから倒産しないためにどうするか、実践的な講義が実施されています。

 

④ その他のプログラム

ドリームミーティングという、近藤代表理事と30分間1対1でどんなことでも質問相談できるプログラムがあります。

また、ベンチャー企業支援プロジェクトでは、事業拡大を図る将来有望なベンチャー企業に資金調達や成長機会を提供してくれる支援プロジェクトも用意されています。

 

このようにパッションリーダーズでは「学ぶ」「磨く」「つながる」という3つの軸でプログラムが構成されていて、成長をバックアップするための多彩なメニューが用意されています。

特にドリームミーティングでは、通常2ヶ月待ちの近藤代表理事とのアポイントメントを会員ならば優先的に調整してくれるとのこと。

どれもビジネスチャンスが広がりそうなプログラムが揃っていて充実していますよね(*^。^*)

パッションリーダーズの役員が豪華すぎる

パッションリーダーズの役員は名だたる企業の会長や社長が就任されています。

特別顧問としては、あの吉野家ホールディングスの安部会長やモスフードサービスの櫻田会長、サイバーエージェントの藤田社長、楽天グループの三木谷会長など。

理事にはSBCの相川代表やTKPの河野社長などが就任されており会員をサポートしています。

様々の業界の一線で活躍している役員だからこそ、セミナーや交流会では貴重な体験談を聞くことができるといいます。

 

パッションリーダーズに入会するには?

ではパッションリーダーズにはどうしたら入会することができるのでしょうか。

入会資格や入会金などをまとめてみました。

 

入会資格

公式サイトの「入会のご案内」によると、入会の条件には「起業家精神を持った経営者であること」とありました。

もっと詳しく言うと、社長・取締役・執行役員以上で理事会の審査に通った人だそうです。

国籍は日本に限らず、日本語でのコミュニケーションがとれるのであれば外国人経営者でも入会できるようです。

また、パッションリーダーズでは学生起業家も歓迎しています。

 

入会費・年会費

入会費は税込110,000円となっていますが、一括払いを選べば今なら税込55,000円で入会が可能です。

また、年会費は一括払いの場合税込132,000円、分割の場合税込11,000円/月となります。

 

パッションリーダーズは人脈づくりや知識を増やすのに大きなメリット

今回はパッションリーダーズについて調べていきましたが、日本最大規模であることや、コンセプトやプログラム内容を見ても情熱があり活発的な経営団体という印象を持ちました。

パッションリーダーズでは、様々な業種の経営者と交流をし、知恵・人脈・仲間を増やすことができます。

実際に、パッションリーダーズに入会しコツコツとイベントに参加し人脈を広げていったところ、ビジネスマッチング会で知り合った会員から大型案件を紹介してもらえたという事例もあるようです。

パッションリーダーズ公式ホームページでは活動記録なども掲載されています(^^)/ 

 

report.passion-leaders.com

 

また、パッションリーダーズは会員数が4,000人の日本最大級の経営団体なので、他の経営団体よりも多くの人と関わるチャンスがあると思います♪

ここでの学びが企業の問題解決や新しい発想に生かすことができるかもしれませんね!